WACK合同オーディションの傾向と対策!WACKオーディションに挑戦する人が読むべき書籍5選!

アイドルその他
スポンサーリンク

こんにちは!

BiSH、BiS、豆柴の大群などの人気アーティストを生み出し、2020年の合同オーディションの模様を収めたドキュメンタリー映画『らいか ろりん すとん』も好評上映中など、近年勢いを増し続けている音楽事務所、WACK。

先日、そんなWACKが毎年行っている恒例のWACK合同オーディションの2021年度の開催が発表されました。

メディアやライブで活躍するWACKアーティストたちの姿を見て、

「私もあんな風に輝きたい!」

「あんな風に自分を変えたい!」

など、憧れを持っている方もたくさんいるではないでしょうか?

そんなWACKの厳しいオーディションに合格するためには練習だけではなく、マインドを変える必要があります。

この記事では、そんなWACKオーディションに臨むマインド形成に役立つおススメの書籍を5冊を紹介させていただきます。

アイドル関係の本や、ビジネスの必読書など、年間100冊は読んでいる著者が厳選して選んだ本なので、オーディションに臨まれる方は是非チェックしてください。

WACKオーディションに挑戦する人の必読書5選

『 悪企のすゝめ 大人を煙に巻く仕事術 』藤井健太郎 渡辺淳之介

悪企のすゝめ 大人を煙に巻く仕事術 | 藤井 健太郎, 渡辺 淳之介 |本 | 通販 | Amazon
Amazonで藤井 健太郎, 渡辺 淳之介の悪企のすゝめ 大人を煙に巻く仕事術。アマゾンならポイント還元本が多数。藤井 健太郎, 渡辺 淳之介作品ほか、お急ぎ便対象商品は当日お届けも可能。また悪企のすゝめ 大人を煙に巻く仕事術もアマゾン配送商品なら通常配送無料。

WACK代表の渡辺さんと「水曜日のダウンタウン」などを手掛けた演出家である藤井健太郎さんの対談本です。
2人がどのようにして仕事に向き合っているのか?
どのような思いで企画を考えているのか?

といったことに触れることで、渡辺さんがWACKに欲しているものが何か?という問いの答えに近づくことができます。

また、渡辺さんがどのようなことを考えてアーティストや周りの人に接しているのか?ということも書かれているので、「渡辺さんがこう考えるということは、どのように向き合うべきなのか?」といった視点で読むと発見があるかと思います。

『アイドルをクリエイトする』宗像明将

Amazon.co.jp

言わずと知れたWACK代表の渡辺淳之介氏に関する本です。

この本では渡辺氏の生い立ちや、WACK設立の経緯、どのような思いでアイドルプロデュースを行なっっているかなどがインタビュー形式でつづられている書籍です。

所属したい事務所の代表者、経営者のことを知っておくのは基本であり、最重要の項目なので、必ず読むようにしましょう。

渡辺氏のWACKやWACK所属のアーティストへの想いを理解し、オーディションに向けて適切な努力をするためには必要な書籍です。

『ゼロからでも始められるアイドル運営』大坪ケムタ 田家大知

Amazon.co.jp

WACKに関係のある本ではありませんが、アイドルユニット「ゆるめるモ」のプロデューサー田家ケムタ氏のアイドル運営ノウハウが詰まっている本です。

アイドルの運営がどれだけ大変か、どれだけお金がかかるのかを感じることができます。

WACK代表の渡辺淳之介氏は、候補生から合格者を選ぶ際に、頑張ってくれているスタッフや運営を尊重できるという点を大事にしています。

アイドル運営のスタッフやプロデューサーがどれだけ苦労しているかを知ることで、それに応えるために努力しようと思える本なので、おススメに上げておきます。

『きみが夢にでてきたよ』モモコグミカンパニー

Amazon.co.jp

BiHSのメンバー、モモコグミカンパニーさんが書き下ろしたエッセイ集です。

所属したい事務所のメンバーが書いた本は最低限チェックしておきたいというところもありますが、この本を読むことで、WACKのアーティストとして活動するモモコグミカンパニーさんという人物の恐るべきマインドに触れるができます。

エッセイ集なのでかなり読みやすいです。

この他にもモモコグミカンパニーさんは『目を合わせるということ』という本も出しているので、余力があればチェックしておきましょう。

『「人たらし」のブラック心理術』内藤 誼人

Amazon.co.jp

心理学者である著者が人たらしになるためのテクニックを紹介している本です。
この本はWACK代表の渡辺淳之介氏が候補生にも薦めていた書籍です。

著者曰く「人たらし」というのは「人に好かれる努力をする」ということらしいので、「人たらし」は実はアイドルにも必要なスキルになります。

渡辺氏が選ぶ合格者であったり、候補生への説教を見ても、この本の内容に近いように感じられるので、渡辺氏自身も大きく影響を受けている可能性があります。

読んでおくことで確実に合格に近づくのではないでしょうか。

まとめ

今回はWACK合同オーディションに参加される方が読むべきおススメの書籍5選をご紹介させていただきました。

ダンスや歌などのパフォーマンス面での努力は当然必要ですが、歌やダンスの練習だけでは身に付けることのできない「マインド面」を鍛えられる書籍ばかりです。

歌やダンスの練習に並行して読んでいただきたいです。

それでは、オーディションに参加されるあなたのご検討を心よりお祈りいたします。

ご覧いただきありがとうございました!

コメント

  1. […] WACK合同オーディションの傾向と対策!WACKオーディションに挑戦する人が読むべき書籍5選!こんにちは!BiSH、BiS、豆柴の大群などの人気アーティストを生み出し、2020年の合同オーディ […]

タイトルとURLをコピーしました